1. HOME
  2. 特集
  3. 私が輝くEしごと | 介護編 vol.1

SPECIAL

特集

私が輝くEしごと | 介護編 vol.1

「在宅看護は心のケア」よりよい看護のために楽しく笑顔で働く

ケアチームひのきに入社したきっかけは旅先での事業所の所長と出会い、スカウトされたことがきっかけと話す工藤さん。
元々、 北海道で看護師として働いていたそうで、 前職でたくさんの患者さんと接した経験から、病気や年齢を重ね弱っていく体と付き合っていくためには、自宅での看護環境が大切だと実感したと話す工藤さんのお仕事観を聞いてみました。

仕事をする上で気をつけていることは?

一番は患者さん、 利用者さんの希望を叶えてあげることですね。 できる限りその人が暮らしてきた環境や、 空気感を大切にして、 その雰囲気に近づけてあげるということと、 何より少しでも長く自宅で過ごせる時間を作ってあげたいと考えています。

この仕事のやりがいは?

「ありがとう」 と言ってもらえること。これに尽きると思います。 ご家族様にとっても良かったと思ってもらえるように、 常に悔いのないよう、 現状のサービスに満足せず向上心を持ちながら仕事に取り組んでいます。

福利厚生で助かっていることなどありますか?

研修やスキルアップのための資格取得などは全力でサポートしてくれる職場です。 介護業界は資格や勉強が必要な職種ではありますが、 入ってからしっかり学ぶことができるので未経験の方でも安心できます。 環境に関しても、 休みがしっかりとれて、 会社から有給消化を急かされるくらいです。 (笑)

Profile

工藤 浩仁さん(40)

阪南市で訪問看護を行う「ケアチームひのき訪問看護ステーション」にて、看護師として勤務しています。

これから介護業界を目指している人に応援メッセージを!

在宅看護の仕事は、 患者さんの心のケアをする仕事です。 そのため自分自身のメンタルケアも大切。 私は休日に会社の仲間とSUPというスポーツを楽しみリフレッシュしています!自分が楽しくいられるからこそ、 患者さんにも笑顔になってもらえます。 心から笑顔で楽しめる、 そんな職場で質のいい看護、 介護を目指してもらえたらと思います。

介護はチームプレイ!職員同士の仲の良さがよりよい介護の秘訣!

お次は医療関係に興味があったと話す入社7年目のM.Tさん取材です。募集の広告を見た時に文面や写真から、しっかりした会社で頼りになる人がたくさんいそうという印象が決め手になり入社。そんなM.Tさんに色々お話を伺いました。

この仕事のやりがい、大変なことは?

みんなで仲良く、 ひとつの目標に向かっていく連帯感や達成感がやりがいにつながっています。 また、 利用者さんと話したり、 まわりのスタッフの仕事ぶりを見たりして自分の知らないことを学んでいけるということにも楽しさを感じています。大変なことは、 やりがいとも重なるのですが、 チームの結束を高め連携をとりあうことですね。 介護はチームプレイです!

 

将来の夢や目標は?

この会社は上司も気さくで親しみやすく、 利用者さんも温かい方ばかりなのでとても働きやすく感じています。目標は少しでも長く、 健康が続く限りこちらの施設で働き続けることです。

仕事の中で心に残った言葉やエピソードはありますか?

利用者さんに 「あなたがいるからここにいてられる」 と感謝の言葉をかけてもらった時に、 本当に働いていて良かったと感じることができました。 ここで生活する利用者さんが自分たちの第二の家だと思ってくれるように今後も頑張っていきたいです。

Profile

M.Tさん

和歌山を中心にサービス付高齢者住宅などの介護施設を運営する、そうせいグループの住宅型有料老人ホーム「そうせい宮前」にて介護スタッフとして勤務。

これから介護職を目指している人にメッセージを!

そうせい宮前では、 介護士、 清掃員、 調理師、 事務員などそれぞれがよりよい働きができるように、 チームワークを大切にしています。 一 人でできる仕事なんてありません。 利用者さんのためにも職員が連携をとって働ける環境が大事!だからこそ普段からスタッフ同士のコミュニケーションや仲の良さが特に重要だと思います。