1. HOME
  2. ブログ
  3. 人事担当オススメ!履歴書の書き方はこのほうがええよ!

人事担当オススメ!履歴書の書き方はこのほうがええよ!

履歴書でココだけはおさえたいというポイントをご紹介!

面接時のマストアイテムの一つである履歴書。ご自身の情報をアピールポイントを最大限詰め込み、人事担当者へのアピールアイテムである履歴書で、書くときに必要な項目や大事なポイントをまとめてみました。こちらを読んで面接に望み、希望するお仕事で働ける可能性を高めて下さい!

1.日付&住所

日付は記載日ではなく、提出日(郵送の場合は投函日)を記載します。住所は1-2-3などの番地を省略せずに1丁目2番地3号室といったように詳細を記載します。

2.写真

身だしなみは面接時と大きな違いが出ないようにしましょう!プリクラやアクセサリーを付けるのはNGです。服装はシンプルな白か淡色のシャツが好ましいです。面接時にスーツで向かうことが多いので、スーツで写真を撮影しておくとなお良いです。

3.学歴

高等学校・専門学校・短大・大学の場合は「学科・学部・コース・専攻」などを記載しましょう。また、卒業年月の記載を間違えやすいと思いますので、今までの履歴を振り返ってきっちり記載しましょう。

4.職歴

「異動・昇格・出向」等の経歴や「雇用形態」。職務経歴書の提出がない場合は「事業内容・従業員数」「所属部署」「職務内容」の記載を入れることをオススメします。また、退職の経緯を知りたいと考える人事担当も多いのでどのように退職したのかを簡潔に記載しましょう。職歴の最後に「以上」を記載することをお忘れなく!

5.免許・資格

資格取得日はR1などと省略せず、令和2年と記載しましょう。資格名も自動車免許などの簡易な記載ではなく、普通自動車運転免許(AT限定)と詳細を記載し、年月も正しい情報を記載しましょう。

6.特技

応募先企業やお店で活躍できることをアピールできる欄になります。自分で思う「特技」をしっかりと明記しましょう。「ものまね」が得意ですということで心が動いて採用に繋がるなんてこともあるので、出来ることをしっかりつ伝えることが大切です。

7.志望動機

1.なぜこの会社を選んだのか
2.自分のどんな所を会社に活かせるのか
3.どんな仕事をしてその会社に役立ちたいか(意欲)
上記の内容を簡潔にまとめて人事担当にアピールしましょう。

8.本人希望欄

勤務条件に細かな希望があっても記載せず面接などの場で人事担当者と相談するようにしましょう。特にない場合は空白ではなく、「勤務条件は貴社の規定に従います」と記入したり、「経験やノウハウを活かし、~を目指して貴社に貢献できるように頑張ります」といった前向きな記入を行ないましょう。最後に質問するのも好印象の秘訣です。

ぱどスタッフからの一言コメント

とにかく「自分のこと」、「自分の気持ち」を知ってもらう為に、焦らず心を込めて書きましょう。そうすれば「この人と働いてみたい!」と思ってくれるはずです!